株式投資で1億円
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノリスケの株式投資日記

普通のサラリーマンが資産Ⅰ億円を目標にして株式投資にチャレンジ。投資知識向上のため、自身の投資行動の記録と分析を行っています。

ファンデリーの決算分析

先日主力銘柄のファンデリーの決算発表がありましたので決算分析をしてみます。

 

まずは前期の業績から

2017年3月 

売上    32.2億円 (+7.0%)
営業利益  6.0億円(+21.4%)
経常利益  6.1億円(+23.2%)
当期純利益 3.9億円(+26,2%)
EPS            62円(+24.0%)

 

売上の伸びはいまいちですが、一方で大幅な増益となっています。

営業利益率は16.5%→18.8%にアップしています。

 

 

 

これは利益率の高いマーケティング事業の伸びが貢献しているようです。

ちなみに事業別の営業利益率はこちらです。

MFD事業=22.4% 
マーケティング事業=75%

 

マーケティング事業の方がめっちゃ儲かりますね。

ちなみに2017年度のマーケティング事業の売上は3.04億円(+25.6%)でした。

足元のPERの上昇はこのマーケティング事業への期待で市場の評価が変わってきているのかもしれません。

 

次に2018年度の業績予想はこちらです。

売上    36.4億円(+12.8%)
営業利益  6.8億円(+12.1%)
経常利益  6.8億円(+10.3%)
当期純利益 4.3億円(+10.6%)
EPS           68.5円(+10.5%)

 

会社発表の時期の見通しによると、MFD事業では会員数・注文回数・購入単価のデータをもとに売上11.9%の伸びを予想しています。

単価はあまり変わらなさそうなので、カギになるのは会員数と注文回数でしょうか。

会員数は昨年の推移をみると年間約20000人程度の増加が予想できます。

四半期ごとで5000人づつ位増加していれば想定どおりと考えて良さそうです。

注文回数は定期コース会員を増やすことで伸ばせます。2017年3月末の定期コース会員割合は約3.5%でした。

定期コースへの誘導をするために、どのような施策を行っているのかは改めてチェックしていきたいと思います。

 

マーケティング事業については、会社予想では売上21.5%増の3.7億円となっています。

四半期ごとでは約1億円になります。利益率が高いので予想を上回ってきた部分については大きなボーナスとなりそうです。

ただしこちらはMFD事業と比べると安定性に欠けるので下ブレする要因になりかねないので注意が必要です。

 

今後の四半期決算発表では、会員数の推移と定期コース会員の利用割合もを追っかけていこうと思います。

それぞれの目標値(5000人・3.5%)を上回ってくるようであれば、業績上ブレも期待できそうです。

 

その他気になった点としては販管費の増加です。

2017年と比べて今期は1.8億円程増える計画になっています。昨年は0.3億円アップだけだったのでかなりの増加です。

決算短信では人件費と商品の運賃の増加を見込んでとの記載があります。

運賃については前年と比べると増益率と同じく12%伸びたと仮定すると、約0.37億の増加になります。

残りの1.5億円は主に人件費に充てるということになる訳ですが、現在の社員数が役員含めて60名弱ということを考えると結構な人数を採用するようですね。

 

事業を伸ばすためには人員拡大は必須なので問題はないと思いますが、、採用した人が必ずしも業績に貢献できるとは限らないので一人当たり売上高などもチェックしておく必要がありそうです。

 

ちなみに現在の一人当たり売上高(役員含)は5563万円です。

2017年4月の成績

ようやく4月が終わりましたね。

 

今月は北朝鮮リスクやフランス大統領選などを理由に軟調な相場環境でした。

そんな中でのこの1か月の投資成績は -3.3%という結果になりました。

 

一時期は年初来でマイナスを覚悟しましたが、何とか持ち直してきております。

年初来では7%まで回復してきました。

 

月初と比べると保有株の顔ぶれもだいぶ変わりました。

もっとも変わったというか、もとに戻ったと言った方が正しいかもしれませんが。

 

新たに購入した銘柄については、改めて分析を行っていこうと思います。

 

来月はいよいよSell in Mayの5月です。

この先国内の決算発表やフランス大統領選の決選投票、6月イギリス選挙が控えています。

変動の大きな月になりそうなので、慌てないようあらかじめ覚悟をしておきます。

4月第3週の投資成績

今週の投資成績は

TOPIX +2.0%、マザーズ+3.9%に対して

ポートフォリオ+4.7%でした。

年初来では6.6%です。

 

半分くらいまで戻ってきました。ひと安心といったところです。

北朝鮮をめぐる戦争の懸念が和らいできました。懸念材料の減少に合わせて新たに銘柄購入に踏み切りました。

買ったのは桧家ホールディングスと青山財産ネットワークスです。

どちらも好業績かつ高配当銘柄です。配当利回りは4%近くで推移しています。

保有株の中でリソー教育が高配当で株価も好調だったので、配当利回りの高い銘柄を増やしてみようと思いました。

 

今後の懸念として今週末にフランス大統領選が控えています。

この結果次第では来週も荒れた展開になることも予想されますが、下げたところはチャンスと考えて拾っていきたいと思います。

 

ポートフォリオ大幅マイナス中・・・

ここ2週間で新興市場が大きく崩れてしまいました。

1部は日銀の買い支えがあるのでそう簡単には崩れませんが、新興市場はこういうときは容赦なく売られてしまいますね。

 

私のポートフォリオも大幅なマイナスです。

この2週間で8%ものマイナスを食らってしまいました・・・

年初来では+1.9%です。まだプラスを維持できてるだけマシですね。

 

今回の暴落で保有銘柄がだいぶ変わりました。というか損切しまくりました。

4月初めの銘柄はこちらです。

JESCO
ワールドHD
アプライド
ファンデリー
富士山マガジン
ビューティーガレージ
すかいらーく
クリエイトレストラン
アドバンストメディア
エムケイシステム
ロンシール
リソー教育
日本動物高度医療センター
ソニー
ムロコーポレーション
レノバ

 

現在の保有銘柄はこちらです。

日経平均ベア2倍
ファンデリー
富士山マガジン
ビューティガレージ
クリエイトレストランツ
リソー教育
日本動物高度医療
レノバ

 

相対的に自信のない銘柄を損切した一方で、ファンデリーやビューティガレージなど中期的な上昇を期待している銘柄を買い増しました。

 

残った銘柄はあまりマイナスになっていないものが多いのですが、この中で大失敗したのがレノバです。

1700円近辺で購入していましたので30%近い損失を抱えることになってしまいました。

事業内容や業績、経営陣が魅力的だったので、つい期待してしまい損切の判断がつきませんでした。

とりあえず途中から信用のつなぎ売りで止血を試みたのですが、思いつくのが遅かったので大して損失回避はできませんでした。

ただ、信用売りを実践することができたので、ほんの少しレベルアップしたかなと思います。今度はもっと早くに判断できるようにしていきたいです。

 

今後の展開ですが、手元に3割近いキャッシュがあるので様子を見ながら買い付けをしていこうと思います。

ただし先行きはまだまだ不透明なので下手に銘柄数を増やすのではなく、しっかりと銘柄を選別していこうと思います。

 

2017年3月の投資成績 +6.4%

今月の投資成績です。

TOPIX -1.5%・マザーズ+1.1%に対して

ポートフォリオ+6.4%でした。

 

ベンチマークを大きく上回る好成績でした。

3月は保有株が全体的に上昇しましたが、中でも目立ったのがファンデリーとビューティガレージです。

 

3月に入って大幅に上昇をみせました。とくにファンデリーは保有割合が比較的高いのでPF全体のパフォーマンスに大きく貢献してくれました。

 

3月は銘柄の入れ替えが結構ありました。不調な銘柄や割安感の薄れた銘柄を売却して、四季報でピックアップした割安感の残る銘柄を購入しています。

 

こちらが現在の保有株の一覧です。

1434 JESCO
2429 ワールドHD
3020 アプライド
3137 ファンデリー
3138 富士山マガジン
3180 ビューティーガレージ
3197 すかいらーく
3387 クリエイトレストラン
3773 アドバンストメディア
3910 エムケイシステム
4224 ロンシール
4714 リソー教育
6039 日本動物高度医療センター
6758 ソニー
7264 ムロコーポレーション
9519 レノバ

 

ちなみに今月新たに増えた銘柄は、ワールドホールディングスアプライド、ロンシール、ムロコーポレーション、レノバです。

いずれも業績に対して比較的割安なです。ただ割安といってもあくまでも相対的に見てというところです。

なので今後の値動き次第では短期での売却もあり得ます。

この中からひとつでも次の収益の柱に成長していけばラッキーというくらいのスタンスで見ています。

 

3月第4週の成績

今週の成績は

TOPIX-1.4%、マザーズ+1.6%に対して

ポートフォリオ+3.2%でした。

年初来では+9.6%です。

 

1週間の伸び率は今年最大を記録しました。

主力銘柄の一角のファンデリーが大きく上昇したことが要因です。

ファンデリーは出来高も増えてきており注目度が上がってきているようです。

 

PERは今期28倍なので割安とは言えませんが、シャープや味の素といった大手企業とのコラボレーションのニュースなども増えてきており、今後の更なる成長期待が高まります。

 

その他の動きですが、クックパッドやヒロセ通商などいくつかの銘柄が逆指値にヒットしたため売却になりました。

最近他の投資家さんのブログなどで高値への警戒感が多く出てきています。

自分も逆指値をこまめに設定して相場の急落への防御力を高めているところです。

3月第3週の成績

今週の投資成績です。

TOPIXは-0.5% ,マザーズは-4.8%に対して

ポートフォリオは-0.9%でした。

 

今週は新興市場の大崩れの影響を受けました。

 

先週のウェッジHDの暴落の反省から短期保有や自信のない銘柄については逆指値をいれるようにしていました。

その結果今週は日本電技が逆指値に刺さって売却となりました。

売却したところから更に下落をしていったので結果的にはうまくいきました。

 

指値をやってみて思ったのが、売却価格をいくらで設定すべきか非常に悩ましいということです。

損失額を少なくするように設定すると簡単機会が増えてチャンスを逃してしまいます。かといって深く設定すると損失額が大きくなります。

 

とりあえず現状はボックスを形成している銘柄については下の指示線で設定し、上昇中の銘柄については買値から10%くらいで設定しています。

 

これが機能するかどうか実際に運用してみて損益を検証をしていこうと思います。