株式投資で1億円

ノリスケの株ブログ 半分メモ

40代に突入したサラリーマンの株式投資に関するブログです。不定期ですが投資成績、売買記録、気づきなどを投稿してます。

2019年 年間成績+24%

2019年の株投資の年間パフォーマンス+24%

日経平均(+18%)に対して6%のプラス

 

パフォランと比べると、正直微妙なところだけど人と比べても仕方ないしね~と自分を納得させている。

投資自体やってない大多数の人とくらべたら、超勝ち組なんだしね。

 

去年は他人の成績を意識しすぎて焦って大失敗した。

逆に今年は他人の成績ほぼ見てない。自分の成績すらなんとなくでしか把握してない。

ただそれも極端すぎるので、他を意識しつつられないようにメンタルを正常に保つようにしたい。

 

今年は20~30%くらいで利益確定して回転させるようにした。

去年テンバガー目指して欲張って売らずに失敗というのをいくつかやっちまったのでその反省。

自分に本当の成長株を見抜く力はないな~って思うようになったので、欲をかかないようにしてみた。

結果的にはそれでよかったと思う。

 

来年は1銘柄ごとのロットを大きくしていけるようにしていきたい。

自信がないから必要以上に分散しちゃってる気がする。だから上がってもいまいち儲からない。

大きく買えないのは情報収集が足りないからなんだろうなと思う。

もう少し銘柄絞ってリサーチをするようにしていく。

 

 

 

 

 

 

 

2018年の年間パフォーマンス

2018年は自分にとって大変な一年だった。

年間のパフォーマンスは、マイナス24%で終わった。

TOPIXはマイナス18%、マザーズはマイナス32%なので市場とだいたい同じくらいの収益といえる。

途中からキャッシュ比率を上げて、とにかく嵐が過ぎるのを待つだけだった。

唯一の救いは空売りを試せたこと。これは今後の良い経験になったと思う。

 

相場全体がこれだけ下落したので2019年も厳しい目で見た方がよさそう。

保有株を再チェックしてみたところ、大きく下げたものの、ようやく適正水準になったと思われる。

まだ下がる可能性は大いにありそう。

ここからさらに2割も下がるようなら、買いを考えても良いかもしれない。

 

7月成績-4.2% ビジョナリーHD大被弾

2018年7月の投資成績は-4.2%。

これで年初来 -7.2%になった。

 

主力の一角であるビジョナリーHDがアドバンテッジパートナーズの巨額の売り出しにより4割の大暴落を食らってしまった。

投資ファンドのEXITは、今となっては当然あり得る話で事前に考慮しておかなければいけないポイントだ。

だけどそこまで頭が回らず不意打ち的に食らってしまった。

その結果含み益をほとんど失ってしまった。

 

今後のバラ色のシナリオを夢見て少し欲張ってしまったかもしれない。

やはり黒字転換した時点で一部売却すべきだったのか?

将来的には業績はまだ伸びるし、企業価値も向上すると考えている。

 

直近の200円までの急騰というのが異常なだけだったのかもしれない。

売り出しによる需給悪化を考えると、高値更新をするにはかなりの時間を要するだろうが、下手な売買は控えて気長に待つことにする。

 

今後、業績回復銘柄に投資する際には黒字転換して株価が高騰した場合は、投資ファンドの売却懸念を考慮して、少しづつ売却をすることを忘れないようにしたい。

2019年5月の投資成績

今月の投資成績は+0.4%となった。

年初来では-2.4%と依然としてマイナスが続いている。

もっともTOPIXが年初来-4.5%なので、これでもマシな方だろう。

 

 5月は一瞬年初来でプラ転したが続かなかった。

上値を追っかけるという状況ではないのだろうけど、かといって思い切って売るという決断もできず中途半端なポジションを維持し続けてしまっている。

 

持ち株ではスタートトゥデイとビジョナリーHDが好調だが、その他の銘柄が軒並み足を引っ張る展開。

自信のある銘柄のみホールドして、他は短期で回すという方向でいきたいとは思うが、

それも実際簡単ではない。

しばらく苦しい展開が続くだろうが我慢して銘柄研究に励むとしよう。

 

<現在の保有銘柄>

2193 クックパッド
3092 スタートトゥデイ
3137 ファンデリー
3180 ビューティーガレージ
3387 クリエイトレストラン
3550 スタジオアタオ
3756 豆蔵
3773 アドバンストメディア
3941 レンゴー
2687 山田コンサル
6668 アドテックプラズマ
7187 ジェイリース
7940 ウェーブロック
8914 エリアリンク
9064 ヤマト
9263 ビジョナリー
9978 文教堂

 

 

 

 

2018年第1週の成績

2018年の株式市場がスタートしました。

第1週目のパフォーマンスは+2.3%でした。

 

TOPIXの2.8%には及ばなかったものの、幸先のよいスタートを切ることができました。

今年の相場は強気の予想をしている人が多いようですね。

オリンピックの前年は天井を付けるといった傾向があるようで、今年は最後のかきいれどきかもしれませんね。

 

今年の投資方針ですが、これまで小型一辺倒のポートフォリオに中型株以上も組み入れていこうかと考えています。

昨年はIPO銘柄が軒並み公募価格の2倍3倍と跳ね上がっており、小型の成長割安株と呼べるものがほとんど見当たらなくなってきており、相場環境に合わせて自分の投資手法を変えていく必要性を感じたからです。

 

今後購入していく銘柄としては、株価の上昇率が高い一方で変動率が低く、今後も利益成長が望めそうな銘柄を銘柄数を絞って保有していこうと思います。

安定成長銘柄を現物でしっかりホールドした上で、短期目線の銘柄は信用取引を使って売買をしていこうかと思っています。

これまで信用取引がうまく使えていなかったので、なんとかこのやり方で今年の相場を乗り切っていければ良いのですが。

 

ちなみに大発会でいくつか新規銘柄を買ってます。買った銘柄はこちらです。

4792 山田コンサルティング
6436 アマノ
8876 リログループ

 

今までの自分の基準では全く対象外でした。上手くいくか分かりませんが、しばらく推移を見守っていきます。

2017年の年間投資成績は+28.6%

2017年の年間パフォーマンスが確定しました。

年間パフォーマンスは

TOPIX+19.7%・マザーズ+30.7%に対してポートフォリオ+28.6%となりました。

 

他の投資家ブログと比べると見劣りしてしまいますが、個人的には年間リターン20%を目標としているので満足すべき結果なんでしょうね。

 

昨年はTOKYOBASEが大きく利益をけん引しました。

一方今年は主役銘柄とよべるものは無く、10~30%くらいの利益を積み重ねていきました。

その中でも利益貢献度が高かったのはファンデリーとリソー教育です。

両方とも買値から2倍程度まで上昇してくれました。

 

ファンデリーはIPO後の値下がりで公募価格近辺まで下落ところで買いました。

リソー教育は不祥事&業績悪化からの回復していくところをうまく拾えました。

今後の同様のパターンで良い銘柄があれば拾っていきたいです。

 

ちなみに現在の保有株の中では、7196Casaと9263ビジョナリーHLDGSが近いパターンかと思います。両方ともまだ打診買い程度なので、今後状況見ながら買い増しをしていきたいところです。

2017年12月第2週の成績

今週の成績は+2.3%でした。

TOPIXが-0.5%なので、なかなかの成果かなと。

年末に向けて新興市場にターンが回ってきたようですね。

 

今週は新たにスタートトゥデイを購入しました。

過去の株価推移から計算して低リスク高リターンが望めそうかなと判断しました。

あくまでも過去の株価からの推測ですが、年間の期待リターンは40%程度と見ています。

スタートトゥデイはZOZOスーツという新たな取り組みを開始しました。

※ZOZOスーツとは

http://zozo.jp/zozosuit/

 

私は身長が低くサイズが合わない不安から洋服をネットで買うのは抵抗があったので、あまり活用していませんでした。ZOZOスーツを使えばサイズが合わないリスクが解消されるので、多少は購入機会は増えると思います。

私と同様の人も結構いると思うので新規ユーザーは増えそうかなと思い、業績の成長も継続するのではと考えています。

 

ちなみにこのリスクリターンの考え方は先日参加した投資セミナーで学んだものです。

 詳しい考え方は別の機会にまとめたいと思います。

 

その他の動きとしては2Q決算を発表したビューティガレージを買いました。

営業利益が前期比17%マイナスだったので発表翌日に大きく売られました。

 

ビューティガレージ【3180】、上期経常が7%減益で着地・8-10月期も42%減益 | 株探ニュース

 

ただしっかり見てみるともともと半期は減益予想でしたし、当初の予想よりは減益幅が小さいので想定通りかむしろ若干プラスと見てよいのではと思いました。

おかげで翌日の寄付でほぼ底値近辺で買うことができました。

なおビューティガレージは上述の考えで言うとミドルリスクハイリターンで、年率50%程度の上昇を期待しています。

 

この土日は金曜日に発売された四季報チェックに励みます。