株式投資で1億円

ノリスケの株式投資日記

普通のサラリーマンが資産Ⅰ億円を目標にして株式投資にチャレンジ。投資知識向上のため、自身の投資行動の記録と分析を行っています。

購入理由 3415 STUDIOUS

今回は新たに購入した銘柄のうち

3415 STUDIOUSについてです。

 

STUDIOUSは2008年に創業して、昨年9月にマザーズに上場した非常に若い会社です。

日本国内ブランドに特化したセレクトショップとオリジナルブランド「UNITED TOKYO」を展開するアパレル企業です。

 

業績をみてみます。

HPのIR情報を参照します。

f:id:norisukex:20160223234013p:plain

素晴らしいペースで成長してますね。

 

今期売上予想は約59億円。前年比33%の増収を見込んでいます。

営業利益は6.4億円予想。こちらは前年比2%増。

売上の伸びに対して増益率はちょっと微妙ですね。

 

利益がいまいち伸びていないのは何故でしょうか?

会社説明資料をチェックしてみます。

 

資料によると新業態「UNITED TOKYO」立ち上げにともなう先行投資が嵩んだため利益率が低下したとのことです。

成長のための一時的な費用のようですね。これは問題なさそうです。

過去の業績を見てみると、この会社の営業利益率は13~15%で推移しています。

利益率が過去の水準まで戻れば来期は大幅な増益が見込めそうです。

気になるのは成長が今後も続くのか?という点です。

今期末での計画では店舗数は27店舗。

同業のユナイテッドアローズが200店以上なので、出店余地がないなんてことはあり得ないですね。

 

SUTUDIOUSは主に20代の若者をターゲットにしています。

会社の新卒社員に聞いてみたところ、

デザインが優れていて、価格もそんなに高くはないということで、とても人気があるそうです。

さらに今期は30代女性をターゲットにした新ブランドを作るそうで、顧客層のさらなる拡大も期待されます。

 

株価は公募価格2,870円を下回る2400円近辺で推移しています。

今期予想PERで約13倍。来期の四季報予想だと10倍です。

成長性からみると非常に割安だと言えます。

 

2月末には株式分割、春には新宿南口に建設中の新しいショッピングモールへの出店も決まっており、好材料が続きます。

f:id:norisukex:20160224000306j:plain

 

今期の決算発表を境に潮目が変わる、そんな予感がしてます。