株式投資で1億円

ノリスケの株式投資日記

普通のサラリーマンが資産Ⅰ億円を目標にして株式投資にチャレンジ。投資知識向上のため、自身の投資行動の記録と分析を行っています。

景気ウォッチャー投資法

2月の景気ウォッチャー調査の結果発表がありました。

 

結果は

現状判断DI:44.6 (前月比2ポイント低下)

先行き判断DI:48.2(前月比1.3ポイント低下)

 

f:id:norisukex:20160308235453g:plain

 

50を上回ると景気は上向き、下回ると景気は下向きと判断されます。

相場全体の方向性を考える上で参考になる経済指標と言われています。

 

今回の結果を見ると相場全体の見通しはかなり悪そうです。

足元では上昇していますが、あまり強気にならず適度に利益確定をしていった方が良いかもしれませんね。

 

ちなみにネットで調べていると景気ウォッチャー投資法なるものを発見しました。

 

どんなものかと言いますと、

現状判断DIが前月比1.5ポイント以上の改善すれば買いのサイン

1.5ポイント以上悪化すれば売りのサインと判断します。

 

このルールに従って2000年から2010年までの期間で日経平均ETFを売買すると、

トータルで126%のリターンが得られることになるようです。

 

ちなみに10年間保有し続けていたら収支はマイナスです。

 

大儲けできるという訳ではないですが、負けるリスクは低そうなので、

次回以降チャンスがあれば試してみようと思います。