株式投資で1億円

株ブログ 半分メモ

株式投資に関するブログです。不定期ですが投資成績、売買記録、気づきなどを投稿してます。

ダウ理論

ダウ理論とは

ダウ理論は6つの基本法則から構成されている。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドはめいかくな転換シグナルが発生するまでは継続する
 平均はすべての事象を織り込む

 政府が発表する経済統計や企業の業績、自然災害のような予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象はすべて市場価格に織り込まれる。市場価格にはあらゆるファンダメンタルが反映されている。

考え方は効率的市場仮説と同じ。平均にはすべての材料が織り込まれてるということは、平均の動きを観測することにより自分が知らない材料も察知することができる。
指数が大きく動いた=何か大きな変化があったと考えるべき。根拠もなく大丈夫とタカをくくらない。

 トレンドは3種類ある

ダウ理論では価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドは以下の3つに分類できる。

  1. 主要トレンド:1年~数年のサイクル
  2. 二次トレンド:3週間~3か月のサイクル
  3. 小トレンド:3週間未満のサイクル

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

 

短期トレードであっても月足週足でメジャートレンドを把握することが大事。大きな流れに乗っていればミスしても助かる確率が上がる。
トレードする前に主要トレンド、二次トレンド、小トレンドのそれぞれの方向を言語化して今の位置を確認することで凡ミスを防げるのではないか。

 

主要トレンドは3段階で構成される

1先行期
市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる底値買いをする時期。価格は下落しているか底値圏で上下している。

2追随期
市場価格の上昇を見て追随者が買いをいれる時期。価格は上昇局面にある。

利食い
価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格はすでにその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

 

短期トレードだと追随期で入るのが一番効率的と思われる。先行期だと上がるまで時間がかかるため資金効率が悪い。そもそもインサイダーじゃないと買えない。
追随期のなるべく早めに入れたようならスイングで長めに引っ張る。遅れてると感じるならデイトレに徹する。利食い期の判断ができれば初動じゃなくても入れる。
利食い期かどうかの判断はどうするか?
利食い期は上昇はしているが値幅が小さくなっていく」
⇒勢いが弱まってきたらそりあえず一旦手仕舞いが無難か。
そのあと再度力強く上がったらまた買えばよいと割り切る。

 

平均は相互に確認されなければならない

モメンタム投資について

15分でわかるモメンタム投資 - Market Hack

モメンタム投資とは、現在の株価のトレンドが継続することを想定した投資ストラテジーです。
二つの底値を繋いだトレンドラインは、それ自体ではまだ信頼性の高いトレンドとは言えません。

三回目にそのトレンドラインに株価がさしかかり、そのトレンドラインを割り込まずに守ったら、それはかなり信頼できるトレンドラインになるわけです。
少なくとも三回テストされたトレンドラインをもっている銘柄の中からモメンタム投資の候補銘柄を選びます。

 

モメンタム投資というのは上昇トレンドに投資するやり方なのだから、その上昇トレンドが崩れてしまえば、もうそんな株に用は無いわけです。

ところが未練がましくチャートが崩れた株を、我慢して抱えている……これが失敗の原因です。

 

モメンタム投資で覚えておくべきこと:鍋の中のカエルに注意し、宝くじは買うな! | The Startup

 

激しい上昇:株価がいきなり100%上昇すると、この急上昇した銘柄は投資家の注目を集め、ほぼ適正価格に戻るのが普通
徐々な上昇:株価が徐々に上昇して、最終的に100%上昇すると(水温が沸点まで徐々に上昇する)と、投資家はあまりこういった株価の動きに注目しないため、株価はファンダメンタルバリュー以下の価格になる。

 

実例含め簡単に解説、モメンタム投資の特徴と注意点とは? – Soldie

その企業の業績が増収・増益であることはもちろんですが、加えて利益の伸びが「加速」している銘柄に注目します。

「加速」というのが重要です。投資家に利益をもたらすお宝銘柄は、株価が上昇し始める前か上昇時に利益の加速がみられるからです。

 

「加速」している銘柄をどのように探すのでしょうか。

四半期ごとの、前年同期比でEPS(一株あたりの利益)の伸びを比較します。
例えば、ある会社の本決算は前年同期比で10%増加し、その後、第1四半期で20%、第2四半期で25%、第3四半期で30%増加したとします。このように、四半期決算ごとに加速して伸びが高い率で増加していれば、年間の利益にも反映されます。

 

 

モメンタム投資とは?概要とパフォーマンス及び問題点 (invest-retire.net)7

日本の場合には、モメンタムは有効ではありません。

過去の検証においても、モメンタム戦略はアルファを生み出していません。

むしろ平均的にはマイナスのアルファとなることが多いです。

ファイナンス先進国の米国では、過去の検証においてモメンタム効果は有効でした。

株式投資で使われるファクターとしては、モメンタム以外にもバリューやクオリティ、小型、低リスクなど様々なものがありますが、過去数十年にもわたる長い検証においては、モメンタムのパフォーマンスが最も優れています。

 

2020年値上がり銘柄分析:3位ケアネット

2150ケアネット +513%

マザーズ

 

運営する医師向け医薬品情報サイトで営業支援を手掛ける

コロナ禍で製薬会社の訪問営業が自粛される中、サイトを通じた営業支援サービスの受注が拡大している。11月12日に20年12月期の売上高を従来予想の35億円→50億円、経常利益を同6.1億円→13億円に大幅上方修正し、翌日から2日連続でストップ高を演じた。

2020値上がり銘柄分析:2位Aバランス

3856 エーバランス

値上がり率549%

 

再生可能エネルギーが注目される中、ベトナム太陽光パネルメーカーを子会社化したことで売上が従来の3倍超。コロナ関連でない銘柄として唯一トップテン入り。

 

■株価推移

10/6寄らずS高

10/5 994→10/7 1350円

①10/22 2000円+120%

②11/4 1600円 -20%

③11/30 3500 +120%

④12/10 2150 -40%

⑤1/8 4500円 +110%

 

■材料ニュース

10月6日 業績上方修正

予想増減率 売上233% 営業利益133%

Aバランス【3856】2020年10月05日 開示情報 - 持分法適用関連会社(FUJI SOLAR)の連結子会社化を通じた特定子会社の異動(VSUN)に関するお知らせ (kabutan.jp)

 Abalance【3856】、今期経常を一転84%増益に上方修正 | 株探ニュース (kabutan.jp)

 

子会社のWWB社の持分法適用会社のFUJI SOLAR株式取得により連結子会社

FYJI SOLARが保有するベトナムの会社を特定子会社化により業績上乗せ

買収金額などは?

 

■業績

f:id:norisukex:20210208072406j:image

EPSは58→113円 2021四季報予想

2020年までは冴えない会社だったのがM&Aで業績確変した。

①の120%上昇はM&Aの効果

③はバイデン勝利で再生可能エネルギーがテーマ化

④は増資?希薄化率2%。発表後

⑤は?

12/11に増資の払込完了。きっかけ待ちだったのかな。

 

 

 

2020年値上がり銘柄分析:1位4308Jストリーム

2020年上昇率626%
4308 Jストリーム 

 

染症対策による動画利用の拡大を背景に、ライブ配信の需要が主力の医薬領域で急増しているうえ、放送や金融向けも大きく伸びている。株価は4月以降、下値を切り上げる展開が続いていたが、10月29日に21年3月期の経常利益を前期比3.2倍の18億円へと一挙に2倍上方修正したことで株価上昇に弾みがついた。

テーマ

5G、巣ごもり

 

■株価推移

1/30 3Q決算 前年比90%増益(2Q時点では50%)

→翌日寄らずS高870円

①2/21 1290円+45% 20日

②3/13 700円 -45% コロナ底

③5/1  2030円 +185% 1か月半

④5/11 1500円 -25% 10日 本決算で出尽くし売り?
⑤9/2 4500円 200% 4か月

⑥9/14 3250円 -30% 10日
⑦11/9 6150円 +90%  3週間

⑧11/17 4500円 -27%  1週間

⑨12/3 6500円 +45%  2週間

 

※調整は25~30%くらい、2週間くらい続く

 天井は月初が多い?

  天井で売って底で買えれば+34倍

 

■業績推移

2020→2021通期

売上84億→119億 +40%

営利5億→18億  +230% 

EPS21→101   +500%

※EPSの増加だけで5倍

 

四半期業績

       売上 / 営業利益

2019/12 3Q 23.5億(+45%)/1.7億(+120%)

2020/03 本 24.7億(+35%)/2.2億(+61%)

2020/06 1Q 23.0億(+44%)/2.4億(+5900%)

2020/09 2Q 33.3億(+65%)/6.9億(+400%)

2020/12 3Q 37.4億(+59%)/8.4億(+370%)

 

※四半期売上加速 

 

 

売上と利益の拡大が株価上昇の最大の要因

四半期で前期比40%以上の拡大をキープ、利益は100%以上の増加

調整は30%くらいは覚悟

 

 

どうすればこれに気づけたか?

1月30日のS高で決算資料をチェックしていたらどう思ったか?

この資料を見てS高で買いに行けたか?

株式会社Jストリーム 2020年3月期 第3四半期決算短信 (stream.co.jp)

株式会社Jストリーム 2020年度 第3四半期決算説明会資料 (stream.co.jp)

 

株探イチオシ決算掲載

★本日の【イチオシ決算】 アンリツ、任天堂、富士通 (1月30日) | 株探ニュース (kabutan.jp)

経常利益+97%、通期進捗率78%(5年間の平均進捗率62%)

 ビッグエムズワイのM&Aで売上13億 営業利益1.2億程度の押上げ

→多分スルーしてる。M&Aによる業績拡大について適切に評価ができていない

 

M&Aにより前期実績ROEは7.3%→8.3%に上昇=良い買収案件

 今期業績へのシナジー効果もかなりあった様子

 

例年4Qは売上18億、利益1.5億くらい増えてる。

→業績拡大傾向から4Qは売上20億、利益2億くらい上乗せされると想定できたか?

 

 

 

4月30日本決算 計画上振れ着地、通期予想なし

遅くともここで買えてなかったら旨味はあまりない

 

2020年3月期 本決算説明会資料 (stream.co.jp)

 

後から見ればM&A寄与分を差し引いても利益50%くらい増えてるから

本業が好調なんだということが分かったかもしれない。

M&Aが絡んでるのでわかりづらくなっているのも注意が必要。

 

コロナで恩恵を受けて業績が拡大したことが要因として大きい。

1月30日のS高からの2/18の25日線タッチで買えたかもしれないけど、

そのあとのコロナショックで間違いなく売ってる。

3月4月に巣ごもりと5G関連のIR何度か出てるから、

業績良いの知っててこまめにチェックしていれば、もしかしたらって感じだな

 

銘柄分析:6232自律制御システム研究所

①銘柄

6232 自立制御システム研究所

②投資したいと思った理由
1.成長性が高い
FY2020売上予想15.5億円

→FY2022売上予想55億円

(中期経営計画より)
→目標達成した場合:売上CAGR88%/年

 

※参考
8月14日公表 中期経営方針
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6232/ir_material_for_fiscal_ym/85186/00.pdf

 

中計概要
FY2022の売上目標55億円
今後10年で売上1000億円、営業利益100億円

 

■業績拡大の要因
2022年に有人地帯でのドローンの目視外飛行を可能にする方向で法改正が進んでいる。
それに伴いドローンの利用が急拡大する見通し。
※ドローンの用途:物流、遠隔医療、郵便、監視など多岐にわたる

 

■競争優位性
自律制御型ドローンは高度なAI技術、セキュリティが必要で新規参入は容易ではない。
安価な外国製品はセキュリティの観点から敬遠されると考えられる。
同社はすでに日本郵便での実証実験やNEDOの事業に採択されるなど実績を積んできている。
参入障壁が高く、実績を積んでいる同社には競争優位性があると思われる。
その結果市場拡大の追い風を受けて目標達成も可能であると判断。

 

2.下値リスク限定的
現在の株価2540円
新規上場時(2018年12月21日)の公募価格3400円→初値2830円
上場時はマザーズ指数が1月高値から30%以上下落。
現在の株価は厳しいタイミングで上場した時の公募価格・初値を下回っている。
ファンダの改善状況を考慮すると下値リスクは限定的(2000円目途)と考えている。


③目標株価
研究開発先行で利益が出ていないためPSRで算出する


1.楽観シナリオ
今期予想PSR約18倍(時価総額276億円)
FY2022の売上55億円とすると時価総額990億円(55億円×18倍)=約3.6倍
目標株価:現在株価2540円×3.6=9144円

2.悲観シナリオ
適正PSRが10倍程度まで低下したと仮定
55億円×10倍=時価総額550億円
→目標株価は約2倍の5080円

④リスク要因
1.研究開発がうまくいかない、需要が想定を下回るなどで売上目標が未達になる可能性。
仮に目標達成率が80%程度にとどまったとしても売上44億円、CAGR68%と高水準を維持できる。
2.マーケット環境変化によりPSRでの評価が効かなくなる可能性
このケースだとPERでの評価になる。
2022年の予想営業利益7.5憶円→税引き後純利益約5億円
時価総額276億円なので予想PERは約55倍
割安とは言えないが成長性を加味すると充分許容できる範囲と考えられる。

リスク要因がひとつだけであれば許容できる
両方重なった場合は目標株価が大きく下振れする。

銘柄分析:9740セントラル警備保障

セントラル警備保障(CSP)コード 9740
警備会社シェア3位
常駐警備5割。JR東日本筆頭株主。JR東向けの売上比率2割。機械警備を強化中。


②投資したいと思った理由
・業績の安定的な拡大が期待できる
基本的にセキュリティ企業はストック型で業績安定感がある。
加えて業界全体として中小が淘汰され大手に集約されつつある。
また人を置いた常駐警備からシステムによる機械警備の流れが進んでおり、
利益率の向上が期待できる。
大手3社の一角を占める同社には業績拡大余地が大きいと考えられる。
警備業界の市場成長率約5%

・株価が低迷している
コロナの影響でイベント中止やオリンピック延期等により逆風銘柄として年初から株価が約半分になり、依然としてコロナ底の安値近辺のまま放置されている。
一方で今期業績はコロナの影響を受けつつも増収増益が予想されており、業績と株価にギャップが生じている状況。
コロナが収束してイベント再開した場合はスポット案件の上積みも期待できる。

■業績トレンドについて
売上と利益がきれいな上昇トレンドにある。
同業他社と比較して高い成長性を保っている点も魅力。
           売上CAGR  利益CAGR 
セントラル警備     9.1% 27.1%
セコム        2.7% -1.4%
アルソック       4.1% 7.7%


※業績拡大の背景
常駐警備から利益率の高い機械警備へのシフトが進んでいる
JRからの案件が安定している。
中小警備会社を積極的に買収⇒事業規模の関係でM&Aの業績寄与率が大手2社よりも高い。
小規模の警備会社は人手不足のため継続困難な環境のため、今後もM&Aによる成長は続くのでは?
上記要因によりイベント中止によるスポット案件の減少を補うことができている。

■収益性
同業比較
営業利益率/ROE/ROA
セントラル:6.3% / 10.3% / 4.8%
セコム  :13.5%/ 8.5% / 4.9%
アルソック:8.0%/ 9.5% / 5.3%

アルソックが目下の競合と想定(セコムは事業規模が大きすぎるため)
収益性は多少劣後するものの成長性を考慮すると差が縮まっていくと想定される。

■財務状況
Fスコア7
自己資本比率45%だが許容範囲だと考えている。

■株価指標
同業他社と比較して割安な状況にある。

      PER PBR
セントラル  17.6   1.90
セコム   28.9  2.18
アルソック 23.2  2.26

※3社平均PER23、PBR2.11


③目標株価
保有期間1年を想定

・業績予想
2022年2月期コンセンサス予想を使用
売上729億円・純利益35億円→EPS236円

・目標株価の算定(マルチプル)
目標株価①(メインシナリオ)
5428円
直近1年間の同社の平均PER約23倍
同業平均の23倍と一致するためPER23倍で算出

目標株価②(悲観シナリオ)
4153円
PER水準訂正が起こらなかった場合、現在のPER17.6倍を維持すると仮定

※現在の株価3615円からのパフォーマンス
メインシナリオ +50%
悲観シナリオ  +14%

・ダウンサイドリスク
PBR基準
 直近3年間の最小値1.37まで低下=2607円
配当利回り基準
 直近3年間の最大値1.38%まで上昇=2898円
→より保守的なPBR基準を採用
 ダウンサイドリスク -28%

よって期待リターンは下記を想定する。
-28%~50%

 

④リスク要因
・価格競争に関するリスク
警備業者は大小合わせて約9700社が存在している。
近年価格競争が激しくなっているため、
価格動向次第では業績予想が下振れる可能性がある。


・新型コロナの感染拡大に関するリスク
新型コロナの感染拡大が収まらない場合
大型イベントの再開見込が立たないため警備会社も全般的に売られる可能性がある。

■まとめ
ストック型ビジネスで業績が安定している
同業他社と比較して業績の伸びが大きい
常駐警備から機械警備へのシフトという収益構造の変化
コロナショックにより株価低迷のまま推移しており、下値リスクが相対的に小さい
比較的低リスクでミドルリターンが狙える