株式投資で1億円

株ブログ 半分メモ

株式投資に関するブログです。不定期ですが投資成績、売買記録、気づきなどを投稿してます。

ダウ理論

ダウ理論とは

ダウ理論は6つの基本法則から構成されている。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドはめいかくな転換シグナルが発生するまでは継続する
 平均はすべての事象を織り込む

 政府が発表する経済統計や企業の業績、自然災害のような予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象はすべて市場価格に織り込まれる。市場価格にはあらゆるファンダメンタルが反映されている。

考え方は効率的市場仮説と同じ。平均にはすべての材料が織り込まれてるということは、平均の動きを観測することにより自分が知らない材料も察知することができる。
指数が大きく動いた=何か大きな変化があったと考えるべき。根拠もなく大丈夫とタカをくくらない。

 トレンドは3種類ある

ダウ理論では価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドは以下の3つに分類できる。

  1. 主要トレンド:1年~数年のサイクル
  2. 二次トレンド:3週間~3か月のサイクル
  3. 小トレンド:3週間未満のサイクル

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

 

短期トレードであっても月足週足でメジャートレンドを把握することが大事。大きな流れに乗っていればミスしても助かる確率が上がる。
トレードする前に主要トレンド、二次トレンド、小トレンドのそれぞれの方向を言語化して今の位置を確認することで凡ミスを防げるのではないか。

 

主要トレンドは3段階で構成される

1先行期
市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる底値買いをする時期。価格は下落しているか底値圏で上下している。

2追随期
市場価格の上昇を見て追随者が買いをいれる時期。価格は上昇局面にある。

利食い
価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格はすでにその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

 

短期トレードだと追随期で入るのが一番効率的と思われる。先行期だと上がるまで時間がかかるため資金効率が悪い。そもそもインサイダーじゃないと買えない。
追随期のなるべく早めに入れたようならスイングで長めに引っ張る。遅れてると感じるならデイトレに徹する。利食い期の判断ができれば初動じゃなくても入れる。
利食い期かどうかの判断はどうするか?
利食い期は上昇はしているが値幅が小さくなっていく」
⇒勢いが弱まってきたらそりあえず一旦手仕舞いが無難か。
そのあと再度力強く上がったらまた買えばよいと割り切る。

 

平均は相互に確認されなければならない